MENU
住宅ローンにお困りの方
住宅ローンの返済が遅れている、一括返済を迫られている、支払い不可能、競売になりそう、最悪な結果になる前に任意売却で解決しましょう!
任意売却とは
  • 不動産を購入した後、収入が減ったなどの理由で住宅ローンの返済が困難になってしまい、返済ができなくなると債権者から競売の申し立てをされてしまいます。
    競売の場合、売買価格が一般市場価格の2~4割低い価格になることが多く、売却代金での債権者への支払いが不足した場合はせっかく購入した不動産を処分したのにもかかわらず、多額の残債務(借金)が残ってしまいます。
    少しでも高額にて売却できれば、債権者へより多くの返済が出来ます。そこで、いずれは競売される不動産を一般の不動産市場に売りに出して、市場価格に近い価格で売却を試みるのが不動産任意売却です。
    場合によっては、売却代金から返済を済ませた後、余りを受け取れるかもしれません。
    しかし、任意売却をするためには債権者の合意がなければできません。そこで当社は専属スタッフ、司法書士、専属弁護士が不動産の所有者と債権者の間に入り、所有者・買主双方了承の上、売却を行います。
任意売却と競売による売却の違い
  • 任意売却の当社の報酬は通常の売却の手数料と同じで、しかもお客様からは一切頂かず債権者から頂きます。
    さらに、不動産の返済だけでなく、その他のローンでお困りの方は、、その他のローンは無料にてご相談をお受けし、解決いたします。

    任意売却のメリット
    • ■ 所有者、債権者、買主が話し合いにより、納得して売却できる。
    • ■ 競売による処分より、高額にて売却できる。
    • ■ 周りに分からないように内密に売却できる。
    • ■ 売却後、残債務が残った場合、柔軟な返済処理ができる。
    • ■ 話し合いにより、引越し費用等を手当てしてもらえることがある。
    • ■ 差押、競売開始となっても任意売却に切り替えができる。
  • 競売の場合のデメリット
    • ■ 時間がかかる。
    • ■ 不動産の登記簿謄本に「競売による」と記載され、永久に傷となって残る。
    • ■ 一番順位の抵当権者が、元本・利息・遅延損害金・競売申立費用すべて丸取りする。
    • ■ 15%程度の高利の遅延損害金をそのまま取られる。
    • ■ 後順位の債権者には一銭も配当されないことになる。
    • ■ 不動産所有者(債務者)には一銭も残されない。
    • ■ 不動産の買受人と不動産の占有者(賃借人など)との間で新たな訴訟沙汰となる場合が多い。
任意売却の流れ
  • 受付
    • ■ 状況の分析・調査
    • ■ 業務委託契約・専任媒介契約
    債権者との交渉開始
    • ■ 販売活動
    • ■ 債権者の合意
    売買契約の成立
このような方へ
    • ・月々の住宅ローンの返済(ボーナス含む)を遅延、滞らせてしまいお悩みの方。
    • ・差押通知(裁判所や国・道・市からの競売開始決定通知等)が届き、今後どの様に対応すれば良いのか?を知りたい、相談したい方。
    • ・消費者金融や不動産担保ローンへの返済を延滞しお悩みの方。
    • ・他社の物件査定で「残債が残るため任意売却はむりですよ」と断られた方。
    • ・借金返済のため現在不動産を売りに出しているが、売れなくてお困りの方。
    • ・自己破産の申し立てをする為に、担保不動産の価格査定書が必要な方。
    • ・思いもよらない出来事(会社の倒産やリストラなど)で、今後の住宅ローンの返済が見込めない方。
    • ・生活保護を受けるので不動産の処分を急ぐ方。
    • ・引越し費用や破産の申し立て費用(弁護士費用等)を、不動産処分で捻出したい方。
その他、不動産の査定・競売・お困りのこと、何でもご相談ください。当社はあらゆる金融機関さんのご理解を得て任意売却をすすめています。